アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

解説書

先日も記事にした改正建築士法。

なかでも新しい制度として「重要事項説明」というものがあります。

内容は、

・対象となる建築物の概要
  場所、用途、工事種別(新築とか増築とか)、規模などを記載

・作成する設計図書の種類
  作成する図面の種類やパース、模型、確認申請などの書類などを記載

・工事と設計図書との照合の方法及び工事監理の実施の状況に関する報告の方法
  要するにどの程度の精度と頻度で工事監理を行い報告するかを記載

・設計又は工事監理の一部を委託する場合の計画
  下請の予定業者を記載

・設計又は工事監理に従事することになる建築士・建築設備士
  担当予定の建築士の資格氏名を記載

・報酬の額及び支払いの時期
  具体的な金額を記載


特別難しい内容でもないんですがなにせ新しい制度、最初は戸惑うかもしれません。

そこでこんなものが出版されました。

重要事項説明 「改正建築士法による重要事項説明のポイント」

たかが表裏二面の書類の解説が80ページもあります。お値段なんと1300円!

「重要事項説明内容等検討委員会」という大層な名義の編集となっています。
メンバーは主に超大手建設会社と設計事務所です。


20ページくらいの冊子にして各社に配布してもらいたかったです。100円くらいなら払います。


  
スポンサーサイト

Theme:日記
Genre:日記

comments(4)|trackback(0)|日記|2008-12-07_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

あぁ~もう~
だんだんとやることが増えて困るわね。
設計料があがればいいんだけど
あがるわけもなく・・・・(; `д´)

ここ数年でかなり変わったから仕事のブランクができると訳分からなくなっちゃう。
こんにちは~

ここぞとばかりに儲けようということなのでしょうか?
専門書は高いですよね・・・

でも、表裏2面の書類でも20ページくらいにはなってしまうのですね。
記載する内容が多いとそれぞれ解説をつけて・・・ってことでしょうがそれでも多いと感じてしまいます。
何せ古い人が多い業界ですので記載例がたくさんないと問い合わせが増えてしまうのでしょう。

でも厚過ぎると結局誰も読まないんですけどね。

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。