アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想

磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ
(2008/06/10)
平松 剛

商品詳細を見る
日本で一般に名前が知られている建築家といえば、黒川記章氏、丹下健三氏、安藤忠雄氏くらいでしょうか。

磯崎新(いそざきあらた)氏は建築界では誰もが知るビッグネームです。一般にさほど名前が知られていないのは東京に有名な作品が少ないことと、80年代以降は海外での仕事が多かったからかも知れません。


現在のあの東京都庁の設計は言わずと知れた丹下健三氏。丸の内にあった旧都庁も丹下氏の設計でした。
現在の都庁の設計者は1985年に指名コンペで選定されました(ちなみにコンペの参加報酬は2000万円)。当時日本国内で最も高い超高層となるこの建物、当然指名された設計事務所は大手ばかり。そのなかに一社、アトリエ系と呼ばれる磯崎氏の事務所が指名されました。

この本はコンペに落選した磯崎氏側をメインにしたノンフィクションです。

これも建築界では誰もが知ることですが、磯崎氏は丹下氏の弟子にあたります。70年代までの日本の近代建築の中心にこの2人がいたことは間違いありません。筆者の平松氏はこのあたりにも触れているのでこの本を読むと60~80年代の日本の建築界のこともよく分かります。
もちろんいかにして都庁があのような形態になったのかも分かります。オチもサイコウ。



読み終わって感じたこと。
著名な建築家はみんな理論的に、時には哲学的に建築の形態を導き出しているんだと思っていましたがどうもそうばかりではないようです。感性で捻り出して理論(つまり発注者に認めてもらうための)を後付け(こじつけ?)してるんです。
それがなぜかちょっとうれしいです。


作者の平松剛氏の前作、「光の教会-安藤忠雄の現場」も面白いです。まあ安藤さん自体が実際かなり面白いんですけど。


光の教会―安藤忠雄の現場光の教会―安藤忠雄の現場
(2000/12)
平松 剛

商品詳細を見る





スポンサーサイト

Theme:紹介したい本
Genre:本・雑誌

comments(2)|trackback(0)|書籍|2008-08-22_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

そんな本があるのね~。
機会があれば読んでみようかしら?!

安藤忠雄の光の教会いってみたいね
(´∀`)ノ 
この本は結構おすすめ。読み応えあるよ。

光の教会、行ったことあるよ。ここもおすすめ!予約が要るから気をつけてね。

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。