アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03)
フィリップ・K・ディック浅倉 久志

商品詳細を見る
言わずと知れた?SF映画の金字塔「ブレードランナー」の原作です。

実は映画を観たのは10年以上前のことで、それも劇場公開版なのかディレクターズカット版なのか完全版なのかも覚えていません。押入にもう再生できないVHSがあったような・・・。
内容についても映像の断片と”レプリカント”という言葉だけが記憶に残っている程度という体たらく、原作を読み終えた今、機会があったら映画の各バージョン(現在5バージョン存在します)も見比べてみたいです。

つまり映画との比較は現時点で私にはちょっとできません。

この原作が書かれたのは1968年、私の生まれた年ですからちょうど40年前ということになります。
設定は2019年。あと11年後ですね。
非常にSF的でありながら、生命やアイデンティティーについて考えさせられる奥の深い作品です。

1977年当時の訳なので私には少々読みにくかったです。


【初回限定生産】『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(5枚組み)【初回限定生産】『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(5枚組み)
(2007/12/14)
ハリソン・フォードルトガー・ハウアー

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Theme:読書感想文
Genre:小説・文学

comments(2)|trackback(0)|書籍|2008-06-05_13:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

へえーー
ブレードランナーの原作かぁ。
おもそろそうだ!
SF好き~
SF好きなら抑えておかなきゃ!

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。