アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想 「三陸海岸大津波」 吉村昭

三陸海岸大津波 (文春文庫)三陸海岸大津波 (文春文庫)
(2004/03/12)
吉村 昭

商品詳細を見る


 
過去三陸の海岸を襲った明治29年の大津波、昭和8年の大津波、昭和35年のチリ地震大津波の三部構成からなるドキュメンタリー小説



明治29年というと1896年だから115年前

今回の津波を含めると30~50年に1回くらいの割合で津波の被害にあっていることになります




3/11の震災以降ベストセラーになっているようですね




この作品の感想はちょっと正直には書きづらいです

でも読む価値はあると思います

そんなに長い本ではないのでぜひ読んでみてください


 
スポンサーサイト

Theme:読書感想文
Genre:小説・文学

comments(3)|trackback(0)|書籍|2011-06-14_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
よみたいね!
>とまとん
この本に載っている、津波の前の兆候が
今回もあったのか検証してほしいなあ
No title
検証してほしいな~

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。