アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
(2010/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 
新潮文庫の「Yonda?福袋プレゼント}につられて久し振りに伊坂作品を手に取りました

伊坂さんの本は比較的初期の作品を4~5冊読みましたが、「ゴールデンスランバー」はかなり雰囲気が違いますね

ストーリーは仙台のパラレルワールドが舞台で、首相暗殺の犯人に仕立て上げられる青年の話、となかなかダイナミックですが、今までの小説と違い、よりリアリティや緊迫感を感じます

それにしても小説内に警察官が登場するたびにそら恐ろしい気分になります
先に検察官による証拠の日時改ざんが明らかになり公権力の信頼性が大きく揺らいでいることもあり、全く荒唐無稽とも思えません


 
スポンサーサイト

Theme:読書感想文
Genre:小説・文学

comments(0)|trackback(0)|書籍|2010-12-18_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。