アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想 「新釈 走れメロス 他四篇」 森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る

「山月記」、「藪の中」、「走れメロス」、「桜の森の満開の下」、「百物語」を森見登美彦氏が、時を現代、舞台を京都に置き換えた謂わばリメイク版

原作は読んでいたり読んでいなかったり、読んでいてもほぼ覚えていないモノばかりなので、比べて書評などという蛮行をせずに済みますが、原作は全て青空文庫で無料で読むことができるので、これを機会に読み直してみることにします

巻頭に「走れメロス」の逃走図が添付されているので、暇な人は地図を携え京都に出かけるのも良いでしょう

ちなみに私は「桜の森の満開の下」が一番好きです

スポンサーサイト

Theme:読書感想文
Genre:小説・文学

comments(2)|trackback(0)|書籍|2010-05-09_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

京都版なのねww
おもしろいのかしらw
>とまとん

森見登美彦さんの小説は全て京都が舞台だよ
文章に特徴があるので好き嫌いがあるかも

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。