アクセル故障中!?

不惑+3の日記

プロフィール

CAJON

Author:CAJON

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

読書感想 「トーキョー・プリズン」 柳広司

トーキョー・プリズン (角川文庫)トーキョー・プリズン (角川文庫)
(2009/01/24)
柳 広司

商品詳細を見る


終戦直後、戦犯が勾留されていた巣鴨プリズンを舞台とした探偵ミステリ
ただし巻末の解説にもあるように、主人公の探偵フェアフィールドはワトソン的役回りであり、シャーロック・ホームズ役は巣鴨プリズンに囚われているキジマという、ちょっと捻った設定です

歴史モノというよりは本格ミステリでした

肝心の謎解きに関しては、密室殺人の方法も結末も主人公の探偵の推測でしかなくスッキリしませんでした

スポンサーサイト

Theme:新書・文庫レビュー
Genre:本・雑誌

comments(0)|trackback(0)|書籍|2010-04-02_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Flashカレンダー

ブログ内検索

読書カレンダー本棚ミニ

Yonda?

国盗りカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。